法人カードブラックリスト

ブラックリストに載っている人でも「法人カード」は作れるの?

 

いざ「法人カード」を作ろうと思ったけど、「ブラックリスト」に載っているから作れるのかどうか不安で踏み出せない…という方も中にはいるのではないでしょうか?

 

会社で作ると言われたけど、「自分、ブラックリストに登録されているから作れるのか不安」という人も中にはいるかもしれませんね。

 

そもそも「ブラックリスト」というものに無縁の方には「ブラックリスト」がどんなものなのかわからないかと思います。

 

では、まずブラックリストについてご説明していきたいと思います。

 

「ブラックリスト」とは、ローンや後から支払いのくる料金の支払いをせず、自己破産してしまった人が登録されるリストのことを言います。

 

このリストは基本的に金融機関内の個人の信用情報に記録がついてしまうので、クレジットカードやローンなども組めなくなってきます。

 

こういった傾向がある方はおそらく、「ブラックリスト」に登録されている方かと思います。

 

結論、この場合はクレジットカードどころか「法人カード」を発行することはできません。

 

ここまでで、ブラックリストに登録されている人がもし会社の代表者になったとしても、「法人カード」を作ることはできないことが分かったかと思います。

 

ですが、会社で作ると言われた場合、「法人カード」を発行することはできるのでしょうか?

 

せっかく入社した会社でも「ブラックリスト」に登録されているとバレてしまったら、会社にいることができなくなってしまうのではないかと不安になってしまう人もいるのではないかと思います。

 

そもそも、こういった場合の審査は通常の「法人カード」と同じように厳しくなっているのかどうか知らない人も少なくないかと思います。

 

実は、「法人カード」の追加カードの審査の基準は、通常の「法人カード」の審査よりは甘い審査になっているのです。

 

会社で作るってなるとその審査は通らない人はなかなかいないと言っても過言ではないくらいにハードルは低くなっています。

 

では、なぜそんなに審査が甘くなっているのかご説明していきます。

 

まず、この場合、発行する個人が生活費などで使用するカードではないというところが一番の理由です。

 

さらに、この「追加カード」を発行して支払いをするのは個人の銀行口座からの引き落としではなく、会社の銀行口座から引き落としになります。

 

ということは、クレジットカードを発行する会社からしても、個人としてはブラックリストに登録されている人であっても、どんなに高額を利用していたとしても会社側が支払いを行ってくれるので、会社側に問題がないのであれば大した問題ではなくなるのです。

 

この場合、1つ条件になってくるのでが、会社側の支払いが間違いなく「会社一括決済方式」になっている「法人カード」を発行しているかどうかが重要になってきます。

 

そうでなかった場合、一気に審査は厳しくなるので「追加カード」を発行するのは厳しくなってきます。

 

「法人カード」を作るにあたって様々なメリットがあるのはご存じかと思いますが、会社側で一括支払いができるのが便利で発行している会社がほとんどだと思うので、こういった会社もあまりないと思うので安心してよいかと思います。

 

ですが、勤務年数も関係してくるものなので、一概に全員通るものではありません。

 

かといって、この「法人カード」の審査に落ちたからと言って会社にいられなくなるということもないので安心してくださいね。