法人カード個人カード

個人向けクレジットカードと法人カードの違いはなに?

 

個人向けクレジットカードも法人カードも同じクレジットカードなのに違いなんかあるの?って思った方も多いかと思います。

 

では、そんな方のためにも簡単に違いについて説明していきたいと思います。

 

まず、支払いの口座が違います。

 

個人向けのクレジットカードの支払いは契約した本人の銀行口座から利用額分の引き落としがかかるかと思います。

 

ですが、法人カードは支払い方法が種類存在します。

 

1つ目は、個人向けクレジットカードと同じように指定された個人の銀行口座から引き落としがかかる支払い方法です。

 

2つ目が「会社一括決算型」といって、カード自体は個人名で契約していますが、会社の銀行口座から引き落としがかかるようになっている支払い方法です。

 

会社側が法人カードを作る場合、大体の理由が毎月決まった日にちに経費が一括で銀行口座から引き落としがかかるので経費の処理が楽になるという理由で作る会社が多いようです。

 

ですが、残念ながら個人でクレジットカードを誤って使用してしまう可能性もあるので、無駄な経費が発生してしまったり、最悪の場合は横領も防げなくなってしまうので1つ目の支払い方法を選択している会社もあるようです。

 

このように、個人向けクレジットカードとは違い、法人カードは会社を通して発行しなければならないのが一番の特徴かと思います。

 

さらに、この法人カードはビジネス(仕事の)カードやコーポレート(企業の)カードと呼ばれることもあるようですが、この違いは一般的に「会社の規模」と呼ばれていて、ビジネスカードを発行している会社の方が規模は小さいことも特徴になっています。

 

こういった法人カードのことを知っていると、支払いを受けた側はどのような規模の会社なのかも把握できるの

 

で、会社側のメリットにもつながってくるかと思います。

 

これだけでも十分個人向けのクレジットカードと法人カードの違いが分かったかと思いますが、他にもあります。

 

そもそも法人カードは個人向けのクレジットカードに比べると審査基準も厳しくなっていてなかなか作りにくいカードにはなっていますが、それでもなお、作っている会社が多いのには理由があるんです。

 

個人向けのクレジットカードを使用する際にはあまり気にならない点かもしれませんが、法人カードを作るには会社側のメリットがあるんです。

 

そもそも会社は個人に比べると使用頻度は高いかと思います。

 

出張の多い会社なのであればその度に経費がかかりますし、手数料も発生してきてしまいます。

 

ですが、この法人カードを利用することにより、手数料をカットすることができるのです。

 

確かに、個人向けのクレジットカードを使用している分には気になりませんが、会社のように何度も何度も支払いを重ねる会社にとっては重ねるごとに大きな金額になりそうですよね。

 

さらに、個人向けのクレジットカードにはあまり見られない特典や付帯サービスを受けることができるようになっているのも大きな違いだと思います。

 

経費の支払いを一括にまとめたいと思っている方、ぜひ検討してみてくださいね。