法人カード名義

法人カードの名義は会社の代表者?会社?それとも、個人?

 

いざ「法人カード」を作るとなったとき、代表者なのだとしたら特に大きな不安などはないかもしれませんが、会社で働いている身として「法人カード」を作ることになった場合は色々な不安や疑問に思うことがあるかと思います。

 

そもそも会社で作る「法人カード」は名義が誰なのか、カードには自分の名前の記載が入るのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

 

そんな方のためにも今回は名義が誰になっているのかご紹介していきたいと思います。

 

実際にカードを例にしてご説明した方がわかりやすいかと思うので、今回は「JCB法人カード」を例にしてご紹介していきます。

 

まず、カードの表面には「会社名」が入ります。

 

例えば、大きな会社だった場合、支店などがあるかと思いますが、そういった「支店名」も会社名の次に入るようになっています。

 

そしてその「会社名」「支店名」が書いてある下の段に「個人名」が入るようになっています。

 

「個人名」というのはそのカードを使用する人の名前が入るわけです。

 

つまり、簡単に言うと「会社で働いてる使用者」という形でカードが発行されるというわけです。

 

実際にそのカードを使うのは働いている人なわけですから、ここの名義は会社でも代表者でもなく、個人での発行となるわけです。

 

ですが、そうなると支払いは個人向けクレジットカードと同じように自分の銀行口座から引き落としされるのではないかと思いがちです。

 

ですが、この支払は「法人名義の銀行口座」になるわけです。

 

つまり、個人として発行はされていますが、その支払いを行うのは「会社」ということになります。

 

法人カードを発行する際に、代表者だけではなく、部下などに持たせるために追加カードを作るところもあるようですが、こういった追加カードも利用する人の名前で作られていますが、支払いに関して同じように「法人名義の銀行口座」になるので、会社で使っている銀行口座から落ちるようになります。

 

会社側はこのようなシステムになっていることから、誰かがどこかで法人カードを使うと、毎月決まった日にちに一括で支払いが行われるようになっているのです。

 

これは、会社にとってだけではなく、使う側にとっても便利ですし、手間がかからない分ラクにもなりますよね。

 

これはちょっとした豆知識にはなってしまいますが、実は「法人カード」も2種類呼び名があり、これらは用途が地学なっているので、覚えておくと便利かもしれません。

 

そもそも「法人カード」とは他にも「法人クレジットカード」とも呼ばれています。

 

このカードは、中小企業の会社や個人経営の比較的、規模の小さい会社向けの法人カードのことを「ビジネスカード」と呼び分けています。

 

逆に大手と呼ばれるような大規模の会社向けの法人カードのことを「コーポレートカード」と呼び分けられています。

 

カードを契約する際にもしかしたらどちらか選べる場合があるかもしれないので、覚えておくと良いかと思います。