法人カードとは

そもそも法人カードって何?普通のカードとはまた違うの?

 

ここまでたくさん「法人カード」についてご紹介してきましたが、そもそも「法人カード」が何なのか皆さんご存知ですか?

 

序盤に少し説明しましたが、ここではもう一度「法人カード」がどんなものなのかご紹介したいと思います。

 

「法人カード」とは、法人向けに作っているクレジットカードになります。

 

他にも「法人クレジットカード」とも呼ばれています。

 

さらに、加入する会社の大きさによって種類も分かれてきます。

 

一般的に「ビジネスカード」と呼ばれるものと、「コーポレートカード」と呼ばれるものが存在しています。

 

「ビジネスカード」とは、中小企業や、個人経営者向けに発行することができるようになっているカードのことを言います。

 

大体は中小企業向けの物と、個人経営者向けの物は別々に作られていますが、中にはどっちにも使えるカードも存在します。

 

逆に、「コーポレートカード」とは、大手と呼ばれるような規模の大きい会社向けに発行できるカードになっています。

 

他にも、「パーチェシングカード」という種類のカードを取り入れている会社もあります。

 

これは、一般的に売買活動や、企業と企業とでの支払いや、取引きを行うために会社が発行できるカードになっています。

 

「法人カード」とは簡単に言うと、会社の意思で発行を行っているクレジットカードなのです。

 

もちろん、会社という団体でしか作ることができないので、個人経営でもしてない限りは個人で申し込むことはできません。

 

ですが、会社で作っているクレジットカードではありますが、名義は会社だけではなく、「会社」「支店」そして、利用する人の「個人名」になっています。

 

会社で作っているのですが名義が結局的に個人になっているため、会社側の支払いなのにも関わらず自分のところに来そうな雰囲気がありますが、名義とは別に支払いの引き落としは会社の口座からまとめて請求されることも「法人カード」の特徴になっています。

 

大体の会社はこの「法人カード」を使って、引き落としを毎月決まった日にちにするために発行しているかと思いますが、そのためには経営者だけではなく、そこで働いている社員にも持たせなければ意味がありません。

 

そこで、「法人カード」を契約したカード会社で同じ会社、同じ支店名で「追加カード」を発行して、「個人名」だけ使う本人の名前にして渡しておくことができます。

 

こうすることで代表者や会社でかかる光熱費などの支払い以外にかかる出張費や交通費などの経費もまとめて支払いにすることができるようになっています。

 

こういった部分も「法人カード」ならではかと思います。

 

審査に通り、「法人カード」を持つことができるようになれれば、基本的にメリットばかりですし、デメリットは大体のカードで年会費がかかってしまうこと以外にはないと言っても過言ではないほどです。

 

経費などの支払いが月に何度も来ていて面倒になっている状況でしたら、ぜひ「法人カード」を作ってみることをおすすめします!