楽天ビジネスカードで個人事業主が得するポイント

楽天ビジネスカードを解説!個人事業主が得するポイントとは

自営業や個人事業主といった法人の方におススメしたいのは、
楽天ビジネスカード」です。

 

楽天ビジネスカードは、
『楽天プレミアムカードの発行も必要!』
『1枚のみの発行しかできない!』
といった、他社のビジネスカードと違った大きな特徴があります。

 

しかし、楽天ビジネスカードは、
個人事業主の人にとっておトクなサービスが充実しており、
他社と比較してコストパフォーマンスが優れているビジネスカードなのです。

 

このページでは、
今、注目されている楽天ビジネスカードの発行で得するポイントについて丁寧に解説していきます。
楽天プレミアムカードおトクな情報についても分かっちゃいますよ。

 

 

 

【楽天ビジネスカードのメリット】

@100円で1ポイントが貯まる!高いポイント還元率を実現!
A溜まったポイントは1ポイント=1円!楽天市場等で利用可能!
B年会費が合計12960円安い
C個人・法人口座を別々に管理するので、経費処理の効率化を実現!
D無料プライオリティパスに登録できる!

 

↓楽天ビジネスカードの公式サイトはこちらをクリック↓

https://www.rakuten-card.co.jp/

 

 

 

ビジネスカードと一般カードの違い

 

rakutencard-hikaku

 

ビジネスカードと一般カードの違いは、『発行者』と『発行目的』にあるでしょう。
ここではこの2つの項目について掘り下げて説明してみます。

 

発行者は個人?法人?

 

個人向けか法人向けか
これがビジネスカードと一般的なカードの大きな違いでしょう。

 

一般的なカードは、個人の申込者に向けて発行されますので、
利用も申込者本人に限定されます。
引き落としの口座も、本人名義の個人の口座を設定する必要がありますね。

 

一方で、ビジネスカードは、企業などの法人に向けて発行します。
そのため、お金も、法人名義の口座から引き落としがされます。

 

ビジネスカードは、
個人の口座ではなく、法人の口座から精算したい!
という法人・個人事業主向けのカードといえます。

 

 

目的は経理の簡略化!

 

さて、企業や事業主が楽天ビジネスカードを発行する最大の目的は、
経費の管理しやすさにあるでしょう。

 

ビジネスカードにすれば、領収証を出さなくても、
明細を見るだけで経費の管理ができてしまうのです。

 

お仕事をしていると、様々な経費が発生しますね。

 

・業務に関わる備品の発注
・光熱費や消耗品などの施設管理費
・接待費
・交通費

 

などなど…
日によって、金額も頻度も変わってくるでしょう。

 

経費が発生するたびに、毎回領収書を発行して、その領収証を管理して…
となると経費の管理に手間と時間がかかります

 

しかし、ビジネスカードでカード決済をすることで、
もろもろの経費がひとつの明細上で確認ができるので、
領収証の発行や管理が一切不要になります。
カード決済なので、振込手数料なども不要になります。

 

 

 

このように、

 

個人口座と、法人口座を分けて精算ができる

 

仕事で発生した経費の管理を効率的に行うことができる

 

といったメリットから、
ビジネスカードを活用している経営者がとても増えているのです。

 

楽天ビジネスカードの目次に戻る

 

楽天ビジネスカードの基本スペックと特徴

 

rakutencard-spec

 

以下、メリット・デメリットを含む、楽天ビジネスカードの特徴をまとめてみました。↓↓

@楽天プレミアムカード発行が必須
A楽天ビジネスカードプレミアムカード限度額は合算される
B高いポイント還元率を実現
C個人・法人口座を別々に管理できる
D年会費安い
E無料プライオリティパスに登録できる
FETCカードの発行が可能

 

それぞれピックアップして楽天ビジネスカードについて説明したいと思います。

@楽天プレミアムカードの発行が必須

 

楽天ビジネスカードの発行のためには、楽天プレミアムカードの発行が必要です。
(もちろん、すでに楽天プレミアムカードを持っている人も申込みが可能です。)

 

他社のビジネスカードと違い、『楽天ビジネスカードだけを発行する』ということはできません

 

また、楽天ビジネスカードは、
何枚も発行ができず、1枚のみ発行が可能
という特徴もあります。

 

一般的なビジネスカードでは、カードを複数枚発行することができるところがほとんどです。

 

ビジネスカードが1枚のみ発行できる、という特徴は、
楽天ビジネスカードが個人事業主に向いている理由の一つに挙げられるでしょうね。

 

A楽天ビジネスカードとプレミアムカードの限度額は合算される

 

楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードでは、
2つのカードで、最大限度額が合算される
という特徴があります。
この2つのカードの最大限度額は300万円となります。

 

つまり、どちらかのカードを利用すると、もう片方のカードの限度額も減ってしまうわけです。

 

一般的なビジネスカードは、限度額平均して300万円〜500万円と高めに設定されているので、
その範囲の中で利用することが可能です。

 

しかし、月にカードで300万円以上使う予定がない人は、
限度額に関してはあまり気にしなくてよいと思います。

 

B高いポイント還元率を実現

 

楽天ビジネスカードは、楽天カードのメリットである
高いポイント還元率が健在です。
利用した金額に応じて、『100円につき1ポイント』が貯まります

 

そして、ポイントは、楽天市場などの楽天関連サービスで、
『1ポイント=1円』で利用可能なのです。
(ポイント還元率=1%

 

他社のビジネスカードだと、
ポイント還元率は平均して0.5%以下と低く設定されていることが多いでしょう。

 

楽天ビジネスカードは、限度額こそ楽天プレミアムカードと共有ですが、
ポイント還元率が高く、ポイントを利用しやすいのでおトクなのです。

 

C個人・法人口座を別々に管理できる

 

楽天ビジネスカードは法人カードなので、
法人名義の口座からお金の引き落としがされます。

 

そのため、
個人名義の口座はプライベート用、法人名義の口座は事業用…

 

と、用途に合わせて2枚のカードと使い分けることができます。

 

こうすることで、お金が混在せず、管理がしやすくなるのです。

 

D年会費が安い

 

楽天ビジネスカードの年会費2160円です。

 

楽天プレミアムカードの年会費10800円となっているので、
楽天ビジネスカードを作った場合、
10.800円+2.160円=12960円の年会費となります。

 

一見高いように思えるこの年会費ですが、
実は他社のビジネスカードと比べると非常に安いです。
また、保障や特典内容は他社に引けをとらない内容です。

 

年会費は、避けられない支出だからこそ安く抑えたいですよね。
楽天ビジネスカードであれば、コストを抑えて年会費を払えるので、
生活に少し余裕ができるかもしれません。

 

E無料でプライオリティパスに登録できる

 

プライオリティパスとは、
世界各国の空港ラウンジを利用できる特典のことです。

 

プライオリティパスは単体で登録すると、
399US$(日本円で約40000円)の年会費が発生します。

 

しかし、楽天プレミアムカードは、
通常の年会費のみ支払えば、
無料でプライオリティパスに登録できるのです。

 

他社のカード会社と比較しても、
無料でプライオリティパスに登録できるカード会社はそうありません

 

プライオリティパスを無料で登録できる楽天であれば、
どこよりもおトクにプライオリティパスを利用できるのです。

 

FETCカードの発行が可能

 

また、高速道路の料金の支払いをスムーズにする、ETCカードの発行も可能です。

 

1枚目であれば年会費・発行費無料
2枚目からは540円となっています。

 

ETCカードは発行枚数に制限がありません
車がある会社であれば、ETCカードも楽天でまとめることで、
交通費の清算や従業員の立替えを行う必要がなくなるのです。

 

さらにETCの利用代金に関しても
100円につき1ポイント
が貯まるのでおトクですよ。

 

 

 

以上が、楽天ビジネスカードの大きな特長&ポイントです。

 

ビジネスカード・法人向けカードを発行しているクレジットカード会社は多く存在します。
しかし、ポイント還元率や限度額・補償内容に大きな違いはなく、
どのように選べばよいかわからない人もきっと多いでしょう。

 

そんな中で、
発行枚数が1枚』・『高いポイント還元率』・『安い年会費』という
他社とは大きく異なる特徴をもった楽天ビジネスカードは、
実用性を第一に考える経営者の人から、強い人気を集めているのです。

 

楽天ビジネスカードの目次に戻る

 

楽天ビジネスカードの申込みから利用までの流れと時間

 

rakutencard-moushikomi

 

楽天ビジネスカードを作りたい!という人は、
楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを同時に申込みましょう。

 

まず、楽天プレミアムカードは、
楽天のホームページより必要事項を入力するだけで、申込みが可能です。
プレミアムカードは個人のカードですので、
あくまでも申込者個人の情報で審査を行います。
会社に関する証明や事業などについて、細かく申告する必要はありません。

 

一方で、楽天ビジネスカードを発行するにあたっては、
別途必要書類の提出が必要です。
申込みから5営業日ほどで、会社宛必要書類の詳細と返信用封筒が送られてきます。
必要書類を記入し、それが楽天に届いてから審査がスタートします。

 

無事に審査に通ることができた場合、カードが郵送されてきます。

 

トータルでかかる時間は、申込みからカードの到着までで、3週間前後くらいでしょうか。

 

また、書類についてですが、必要書類はすべての方が同じではないようです。
楽天側が必要であると判断した書類を提出することになります。
一般的には、法人の登記簿謄本・印鑑証明・法人名義口座からの支払い同意書などが必要となります。

 

楽天ビジネスカードの目次に戻る

 

楽天ビジネスカードの審査の条件や基準について

 

rakutencard-shinsa

 

審査の対象はどんな人?

 

審査についての説明の前に、
申込みの対象となる人はどんな人なのか
改めてお話ししましょう。

 

楽天ビジネスカードは、法人向けのクレジットカードです。
そのため残念ながら、
一般会社員やアルバイト、主婦の人は、申込みができません

 

申込みが可能なのは、

 

20歳以上で安定した収入がある、法人代表者および個人事業主

 

となります。

 

この場合の『法人代表者』とは、
社長やオーナーといった、会社の登記上で「代表」とされる人のことを指します。

 

株式会社・有限会社といった会社の規模は問われませんが、
会社の代表権をもっている人を、『法人代表者』というのです。

 

個人事業主とは、カフェやレストラン・美容・弁護士といった
事務所や店舗を持ち、事業を行っている人のことを指します。
定義としては、『税務署に開業届けを出していること』が前提となります。

 

近年増えてきている、フリーランスとして働いている人も個人事業主に該当します

 

審査の基準は厳しい?

 

楽天ビジネスカードはビジネスカード単体という立ち位置ではなく、
あくまでも楽天プレミアムカードの追加カードとしての発行となります。

 

そのため、すでに楽天プレミアムカードを持っている人は、
プレミアムカードの方でしっかり返済をしていれば、
楽天ビジネスカードの発行は大丈夫でしょう

 

しかし、一般的に、ビジネスカードは、一般的なクレジットカードと比べて審査は厳しくなります
理由としては、会社の設立年数や経営状態などを重視するためです。

 

特にフリーランス個人経営の飲食店の人は、
ビジネスカードを発行するのは難しいという口コミが非常に多く寄せられています。

 

また、限度額が一般向けのカードよりも高額である点も、
審査が厳しくなる要因のひとつでしょう。

 

楽天ビジネスカードの目次に戻る

 

楽天ビジネスカードの口コミ!審査について検証!

 

審査

 

さて、ここまで読んだ人の中には、

 

審査が厳しいってことだけど、私は審査が通るのかなぁ…

 

と不安になってしまった人もいるのではないでしょうか。

 

次の項目では、実際の利用者に聞いた
楽天ビジネスカードの審査についてのリアルな口コミについて
ご紹介したいと思います。

 

『楽天プレミアムカード』の審査に関する口コミ

 

まずは、楽天ビジネスカードの親カードである
楽天プレミアムカードの審査が通らなければ始まりません
楽天プレミアムカードの審査に関する口コミを見てみましょう↓↓↓

 

 

男性

 

一般の楽天カードを、月3〜5万円で1年ほど使っていたところ
プレミアムカードへの招待が届きました。
年収400万円ほどの正社員ですが、
楽天カードから楽天プレミアムカードへ移行することができました。
毎月もっと多く利用していないといけないと、
プレミアムカードへの招待は来ないと思っていたので驚きました。
海外でもラウンジが使えて助かっています。

 

 

女性

 

仕事柄、海外に行くことが多いのでプライオリティーパス目的で申し込みました。
キャッシングの希望を0にした為か、すぐに審査通過の連絡がきました。
限度額が150万円もあったのですが、なくしたら怖いので自分で引き下げ申請をしました。

 

 

男性

 

他の会社のカードはずっと使っていたけれど、楽天カードは持っていませんでした。
普通の楽天カードよりも、楽天プレミアムカードに魅力を感じたのでダメ元で申込み
翌日に審査通過メールが届きました。
楽天カードで実績を積まなくても、審査に通ることができて良かったです。

 

 

 

検証→楽天プレミアムカードは

大きな事故情報がなく、ある程度収入があれば審査に通る!

 

楽天プレミアムカードの審査は、
信用情報に重大な傷がない限りは心配しすぎる必要はないでしょう。
一般的なカードの審査と同様、
ある程度の収入があれば、
比較的審査に通りやすい傾向があると考えられます。

 

『楽天ビジネスカード』の審査に関する口コミ

 

一般的な個人のカードと比べて
審査が厳しいといわれているビジネスカード
実際に楽天ビジネスカードの審査に関する口コミははどうなのでしょう?↓↓↓

 

男性

 

会社を立ち上げてまだ1年目だったということが影響しているのか、
他社の法人カードは全くダメでした。
必要最低限の経費を払うためにと思っていたので、
楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードに同時申込。
限度額は100万円で希望をだしました。
私個人としては、他社ではありますがクレジットカードをずっと使っていて
延滞もしていません。
書類を送ってから数日で審査OKの回答がきました。
他社でなかなか審査を通過できずに悩んでいたので助かりました

 

 

男性

 

元から楽天プレミアムカードは持っていました
ビジネスの決済とプライベートの決済を分けたかったので、
楽天ビジネスカードを申し込みました。
書類を送ってすぐに審査OKの連絡がきて、カードが届きました。
店舗の財務状況は決してとても好調ということではありませんでしたが、
大丈夫でした

 

 

 

検証→楽天ビジネスカードは

他社のビジネスカードと比較して審査に通りやすい!

 

楽天ビジネスカードの審査は、
会社や店舗の財務状況が悪いからといって、
必ずしも落とされることは無さそうです。
また、限度額を下げて申請をすることで、
審査に通りやすくなるというワザもありますね。

 

一般的な法人カードは限度額が高いということもあり、
設立してからの年数や企業のここ数年の財務状況といった
法人自体の審査が非常に厳密に行われます。

 

しかし、楽天のビジネスカードは、
楽天プレミアムカードの審査にさえ通ることができれば、
楽天ビジネスカードとしての審査は通過しやすいものと言えるでしょう。

 

審査に関する詳しいお問い合わせは、
楽天ビジネスカードの公式ホームページを確認してみてください。

 

↓楽天ビジネスカードの公式サイトはこちら↓

 

 

楽天ビジネスカードの目次に戻る

 

楽天ビジネスカードはどんな人に向いている?

 

rakutencard-muiteiru

 

1枚のカードで管理したい!

 

楽天ビジネスカードは『1枚のみ発行が可能』という特徴の
ビジネスカードです。

 

『オーナーや社長以外はカードを持ちたくない!』

 

『会社の経費やネットでの発注でのみクレジット決済を行いたい!』

 

という形でクレジットカードを使いたい場合、
楽天ビジネスカードは最適といえるのです。

 

そのため、個人事業主や比較的少人数の企業
での発行が向いていると言えます。

 

逆に、企業としての規模が大きく

 

たくさんの従業員にビジネスカードを持たせたい!という場合には、
楽天ビジネスカードは適していませんね

 

個人と法人で、口座を使い分けたい!

 

個人事業主の人は、
楽天ビジネスカード発行することで
プライベート用とは別にカードを所有することが望ましいです。

 

なぜなら、
個人事業主のオーナーが自分名義のカードで決済すると、
プライベートなお金と、事業としてのお金が混在してしまうからです。
これでは、企業のお金の流れを正確に把握することが難しくなってしまいますよね。

 

現代では、

 

『事業に関する支払いもクレジットカードで行いたい!』

 

と考える経営者の人が多いでしょう。
そんな人に向いているのが、楽天ビジネスカードなのです。

 

楽天カードの特徴である、ポイントの貯まりやすさ楽天ビジネスカードでも健在です。
しかも、溜まったポイントは経営でもプライベートでも使えるのです。

 

自分が上に立ってビジネスを行っているという方は、
楽天ビジネスカードを作ってお金を管理しましょう。

 

海外に行くから、空港ラウンジを使いたい!

 

楽天ビジネスカードのおトクなメリットのひとつに、
世界600か所以上の空港ラウンジを利用することができる、
プライオリティーパスが付いてくるという超お得な特典付きなのです。

 

プライオリティーパスを単体で発行すると、
399US$(日本円で約40000円)の年会費が発生します。

 

楽天プレミアムカード年会費10800円でこのプライオリティーパスが付いてくるため、
非常におトクです。

 

このプライオリティーパスが付いてくるビジネスカードには、

 

アメリカン・エキスプレス アメックス・ビジネス・プラチナカード(年会費約130000円
セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード(年会費21600円
JCBプラチナ法人カード(年会費32400円

 

などがありますが、
楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカード年会費12960円の方が
はるかにおトクであるということがわかりますね。

 

楽天ビジネスカードの目次に戻る

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

楽天ビジネスカードは、他の会社が発行している法人向けカードとは異なり、

 

『個人向けの楽天プレミアムカードの子カードとしての発行』

 

となる点が最大の特徴です。

 

楽天プレミアムカードは、
他社ゴールドカードに匹敵する手厚い補償と優待サービス
比較的安い年会費で受けられるクレジットカードです。
ビジネスカードの中でも、人気が高いことも頷けます。

 

ビジネス用に使うクレジットカードの申し込みを検討されている方は、
是非楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを使って、
おトクに経理を管理してみてはいかがでしょうか?

 

トップページへ戻る